News

Event

BUNZABURO
POP UP EVENT
2021年4月15日(木)〜4月28日(水)

日本古来の伝統技術である絞りを現代の暮らしの中に提案するブランド、「BUNZABURO(ブンザブロウ)」。絞り染めを生業とした片山文三郎商店*から生まれた、ファッションを取り入れアートとして絞りを楽しむブランドです。

今回、シジェーム ギンザでは、2021年4月15日(木)〜4月28日(水)の期間、POP UP EVENT を開催いたします。

人気アイテムであるプチバッグを中心に、豊富なバリエーションを取り揃えてご提案いたします。

制作用正方形b1.jpg

イヤカフ ¥5,500 (tax in)

制作用正方形b3.jpg

ブレスレット ¥3,300 (tax in)

制作用正方形b2.jpg

プチバッグ ¥4,180 (tax in)〜

絞り染めが持つ無限の可能性を追求し、京都の老舗が現代に放つ唯一無二の世界を、どうぞお楽しみください。

*片山文三郎商店 >「100年の伝統は常に革新とともに」 1915年(大正4年)、京都烏丸で「京鹿の子絞り」専門の呉服製造業として創業した片山文三郎商店。以来、絞り染めを生業とし、100年を越す歴史は、常に革新とともにあります。糸偏に交わると書いて「絞り」。交えた糸の下は「染まらない」。絞り染めは、生地にきつく糸を巻きつけて防染する、極めて単純な古来より営まれてきた染色技法です。