News

2018.12.27

Information

今ふたたび、新しい未来へ。

1年の終わり。慌ただしさと幸せな気持ちを彩るような
イルミネーションと、さざめく街の音。
美しい光はさまざまに色や形を変え、
流れるように、ファンタジーの世界を映し出す。
光のなかを歩く。
いつか見た未来に、立っている。

パソコンや携帯電話に、インターネット。
今やテクノロジーの進化は、利便性にとどまらず
多くのソリューションを与え、
希望や感動をもたらしてくれる存在。
バーチャルリアリティの世界に包まれるアートシーンでは、
現実と非現実の世界をたゆたい、
かつて観たSF 映画のワンシーンや、
アミューズメントパークで描かれるデジタルの世界は、
手を伸ばしたら届くところまでやってきた。
身近な存在になったAIロボット、
現実味をおびてきた宇宙旅行の話題。

イマジネーションは現実となり、
私たちは、子どもの頃に描いた未来に立っている。
未来はもう、今。

その頃の私たちの、夢や希望にあふれる気持ち。
大人になった今だからこそ、ふたたび胸に抱き、
大切な家族や友人と、この先の日々の暮らしの中に、
たくさんの驚きや不思議を楽しみたい。

奇跡のようなWONDER(驚き)はじめて知るWONDER(不思議)な感覚。
WONDERにはいつも、わくわくする感動があります。
SIXIÈME GINZA では、大切な人たちと集い語らうこの時期に、
感謝のご挨拶や、気持ちを込めた贈りものに
“WONDER GREETING”と題して、光輝く品々を集めました。
深淵な宇宙に輝くような、メタリックな素材や色、
新しいテクノロジーを用いた、軽さや肌触り。
進化し、驚きをもたらす知恵とテクノロジーは、
時として予想外の不思議な感覚や、美しさを作り出します。
驚きや不思議な感覚が、たくさんの感動を届けてくれますように。
そして、この1年に感謝して迎える新しい未来が、
感動に満ちた時間でありますように。

今ふたたび、新しい未来へ。

SIXIÈME GINZA